読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古紬自慢

      f:id:uzkiaska:20161026090235j:plain 

 しょうこりもなく買ってしまった。家人に民芸品屋さん?と笑われても、好きなよろけ縞だし、粋過ぎ?派手?黒襟かけたら江戸娘みたいな色合いだが、サイズもぴったりだし新古品だし3千円だしなどと…もう打ち止め!と何回言ったか。手持ちの帯がいまいち合わず、もうあるもので済ませないとということで去年織った玉虫色の布を出す。こげ茶の方が好みなので織りたいが、まだ気力がない。

      f:id:uzkiaska:20161026092802j:plain

 ついでに一張羅の大島紬と帯を出してほれぼれと眺む。派手だがとても気に入っている更紗風の帯。一葉曰く「なえばみたる」ので何とかしたいが…着物の方も中古で手に入れて数回着けたので、丈直しを兼ねて洗い張りと仕立て直しをしたいが…

                      f:id:uzkiaska:20161026104219j:plain

  茶色の方が初めて(授業料払って学習した後!)手に入れたまともな大島。男物柄が好きなのです。裾がだぶついてきたので洗い張りに出して反物に返ったまま。藍の方はこれも3千円で手に入れた男物、偶然同じ柄だった。似た柄はたくさんあるが、これはあまり見ないので運命を感じる。着けてみるとぴったりだし男物は楽で大変よいが、着慣れぬものが着けて歩くと流しのおっさんになってしまう。これも何とかしたいが…

                     f:id:uzkiaska:20161028135132j:plain

 ひとまずお金のかからない始末一つ完成!針仕事が見えにくくなってぞっとする。