読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸を生かす

機を譲っていただいた際糸を大量につけてくれたので、いろんなことして遊んでいる。

無謀にも太糸と細糸を半々に織ってすぐに立ち行かなくなり、

            f:id:uzkiaska:20151028124708j:plain

青やたら縞時代

           f:id:uzkiaska:20151028124227j:plain

赤太縞時代を経て玉虫色時代が始まる。

              f:id:uzkiaska:20151028124938j:plain

 麻のような若草色の糸がたくさんあるので、まとまった布にするべく一色をひたすら

織る。古い経糸が織る内にだまになり、絡まり、切れるのをなだめながらなので進まな

い。間のベージュが杢になっていい感じだが、これも時代を経てくっついてしまい巻く

のが一苦労。猫も通る。でも絹だし、織ると風合いがよいのでぼつぼつ巻く。

          f:id:uzkiaska:20151028125742j:plain

 さらには白綿を糸に紡ぎ、種だけ取ってある茶綿を梳かねばならず、目も膝も手先も

きかない年になってこんなに忙しくなるとは…

本読んで暇をつぶすしかなかった、孤独で元気な若い頃の時間が惜しまれるのでした。